HOME > 仙台市某卸売市場災害復旧改築工事

施工実例

仙台市某卸売市場災害復旧改築工事

【施工年月:平成23年9月】

施工実例(建築)

平成23年3月11日の東日本大震災による被害で、早急な復旧が必要となった仙台市某卸売市場で、渡り廊下の基礎としてG-ECS工法が採用されました。迅速な杭材納品や狭隘な現場での施工が可能というだけでなく、食品を扱う施設において、廃土が無く、セメントを使用しない工法が、環境面でも高評価をいただき採用になりました。

k29_img01

柱状図

k29_img02

用途: 渡り廊下
設計支持力: 370kN
先端N値: 31
杭の種類: φ216.3 t=10.2mm L=6.0m
本数: 16本
杭先端深度: GL-7.5m

■カテゴリ-別

  • 建築
  • 土木
  • ソーラーシステム

■工法別

  • ECS-TP
  • ECS-AW
  • ECS-SS
TOP