HOME > 大阪市内某商業ビル増築工事

施工実例

大阪市内某商業ビル増築工事

【施工年月:平成23年11月】

施工実例(建築)

本物件は梅田駅前の商業施設の増築で、既存店舗を営業しながらの工事でした。さらに既存店舗の地下には宿泊施設があったため、低騒音・低振動なG-ECS工法が採用されました。また、設計面でも既存建物のギリギリに杭打設が可能で、かつ杭の偏心が少ないという利点も評価され、採用にいたっている事例です。

k30_img01

柱状図

k30_img02

用途: 商業ビル
設計支持力: 884kN
先端N値: 50
杭の種類: φ267.4  L=24.5m(t=9.3mmx20m + t=12.7mmx4.5m)
本数: 15本
杭先端深度: GL-26.25m

■カテゴリ-別

  • 建築
  • 土木
  • ソーラーシステム

■工法別

  • ECS-TP
  • ECS-AW
  • ECS-SS
TOP