HOME > 新潟市水族館

施工実例

新潟市水族館

【施工年月:平成24年12月】

施工実例(建築)

ペンギン棟、渡り廊下棟の増築工事で、施工場所が広範囲にわたっていました。
施工場所が狭く、搬入路の条件も厳しいため、施工機が小さく、杭材以外の搬出入がないG-ECSパイルが検討されました。
低騒音・低振動・無排土に加えて、打設時にセメントミルクや泥水を使用しないエコロジーな工法が評価され採用に至りました。

新潟市水族館

柱状図

新潟市水族館ボーリング

用途:水族館
設計支持力:153~619kN
先端N値: 16~35
杭の種類: φ190.7、φ216.3、φ267.4
本数:48本
杭先端深度:

■カテゴリ-別

  • 建築
  • 土木
  • ソーラーシステム

■工法別

  • ECS-TP
  • ECS-AW
  • ECS-SS
TOP