HOME > 新宿区某共同住宅

施工実例

新宿区某共同住宅

【施工年月:平成20年4〜5月】

施工実例(建築)

住宅地にある本物件は、当初コンクリート杭や現場造成杭が候補となっていたようですが、施工現場が住宅地であり前面道路が狭いので大型車の通行が難しく、施工機械の搬入ができないとの理由で見送られました。BH杭についても、ダンプカーや生コン車の台数が膨大になるため近隣状況を考慮すると不適切であると判断され、トラックなどの搬入台数と小型な施工機械の安全性を評価いただきG-ECSパイル工法が採用されました。

k25_img01

柱状図

k25_img02

用途: 共同住宅
構造・階数: RC造 地下1階〜地上5階
設計支持力: 133kN
先端N値: 20
杭の種類: φ165.2 t=7.1 3m、φ165.2 t=7.1 4m、φ165.2 t=7.1 6m
本数: 685本・35本・60本
延床面積: 約812.0㎡
杭先端深度: GL-7.5m

■カテゴリ-別

  • 建築
  • 土木
  • ソーラーシステム

■工法別

  • ECS-TP
  • ECS-AW
  • ECS-SS
TOP