HOME > 西宮市某ショッピングセンター

施工実例

西宮市某ショッピングセンター

【施工年月:平成21年9月】

施工実例(建築)

傾斜地に建つ建物のため、杭長を4mから10mと細かく設計しました。ボーリング調査地点は敷地の両端2箇所で、支持層の深度はここから想定し若干長めの杭長で設定しました。高止まりの高さに違いはありましたが、杭を継ぎ足す必要はありませんでした。当初は別の鋼管杭で設計されていましたが、きめ細かい杭長設定による経済設計で、ジー・エクス・パイルにはコスト競争力があり、迅速な技術サポートにも評価をいただいた結果、採用となりました。

k26_img01

柱状図

k26_img02

用途: 商業施設
構造・階数: S造地上2階
設計支持力: 501.17kN、725.22kN
先端N値: 41
杭の種類: φ216.3  t=12.7  5m〜10m、φ267.4  t=12.7  4m〜10m
本数: 96本
杭先端深度: GL-4.75m〜10.15m
延床面積: 約1,300㎡

■カテゴリ-別

  • 建築
  • 土木
  • ソーラーシステム

■工法別

  • ECS-TP
  • ECS-AW
  • ECS-SS
TOP