HOME > 新杭径紹介

新杭径紹介

G-ECS PILE 杭径拡大、新登場!

中高層建築物や土木分野に。
長期許容支持力は業界最大級。

回転貫入鋼管杭ジー・エクス・パイルに、φ318.5、φ355.6、φ406.4の新たな杭径が加わりました。
長期許容支持力=184は業界最大クラス。中高層建築物や土木分野の基礎にジー・エクス・パイルをご活用ください。

適用する地盤

砂質地盤(礫質地盤を含む)

使用材料

STK400/490、SKK400/490

最大施工深さ

41.50m(φ355.6以上の場合)

φ318.5、φ355.6、φ406.4の場合の長期許容支持力

φ318.5、φ355.6、φ406.4の場合の長期許容支持力
Ra 長期許容支持力(kN)
α 杭先端支持力係数 α=184 (5≦N≦60)
N 杭最先端より下方に1Dw、上方に1Dwの 範囲の平均N値
(Dw:翼部実面積(Ag)と 等価な円の直径)
Ap 翼部の有効面積(㎡)
 
Ap=e・Ag
※ø114.3~267.4はe=1.0とする。
※ø300以上はe=0.97とする。
Ag 翼部の実面積(㎡)

長期許容支持力早見表 砂質地盤(礫質地盤を含む)(5≦N≦60)

長期許容支持力早見表(砂質・礫質)

※N>50の場合、予めご相談ください。
※Raは地盤から決まる許容支持力。

杭種早見表

杭種早見表

※最大施工深さは、施工地盤面から杭先端までの深さです。
※SKK材をご使用の際は予めご相談ください。
※LNaは施工長L>100Dpの場合、長さ径比に対する低減として
(1−(L/Dp−100)/100)を乗ずる必要があります。

G-ECS PILEについて

  • コンセプト
  • 特徴
  • 仕様
  • 設計・支持力
  • 施工手順
  • 打ち止め管理
  • 関連工法
  • 施工実例
TOP